リハビリテーション科

診療について

当科は急性期病院としてのリハビリを提供するにあたり、疾病の発症早期から、医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護、管理栄養士、リハビリ助手などと連携し集学的なアプローチで展開しています。

主な診療内容

失われた機能の回復を目指すことだけでなく、入院により起こる機能低下を最小限にとどめることを主眼に置きリハビリを行っています。総合病院に沿った診療体系として、ほぼ全ての診療科に関わっています。 

特色

  • 集中治療室における超急性期の早期離床・リハビリテーション
  • 脳卒中・神経難病に対する急性期リハビリテーション
  • 消化器外科術前後を含む癌リハビリテーション
  • 地域と連携した地域包括ケア病棟でのリハビリテーション
  • 心疾患患者に対する外来心臓リハビリテーション
  • 慢性呼吸器疾患に対する外来呼吸リハビリテーション
  • スポーツ障がい・外傷に対するスポーツ整形リハビリテーション
  • 嚥下リハビリテーション

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る